どんな場所にいいの?

屋内照明の設置高さと種類

もともと水銀灯が使用されていたところでは問題なく使用できますが、無電極ランプは天井高が低すぎる、もしくは高すぎる場所では使用できません。
具体的に無電極ランプが使用できる場所は、中天井と呼ばれる高さ3m~6mと、高天井と呼ばれる高さ6m~14mの場所です。

また、弊社が扱う無電極ランプはIP65または66が標準装備となっているので、粉塵が舞うような環境や、屋外で雨があたる環境でも使用できます。
さらに、マイナス40度の低温環境から60度の高温環境でも使用できます。

お問い合わせ