どのように光るの?

無電極インダクションランプの発光原理

無電極インダクションランプとは、大規模照明に向いているランプです。
工場を始め、街路灯、看板の照明など様々な場所で使用されています。
電極の破損が生じないためコストパフォーマンスが高く、また消耗品であるフィラメントや電極を使用していないため、交換などが大変な保守管理コストの高い場所での使用にも最適です。

無電極インダクションランプ入力出力

発光フローチャート

フェライトコアに巻かれたコイルにインバーターから高周波電流を供給。
発光管内に交流電界が発生します。

電磁誘導により誘導磁界が発生。
発生した電子が加速し、アマルガム合金内の水銀より水銀原子が放出されます。

加速された電子が水銀原子と衝突します。
すると原子の運動エネルギーが水銀原子を構成する電子を励起させ、不安定な状態となります。
(電子のもつマイナス電荷が原子核を構成する陽子から離れる)この状態がプラズマ状態です。

※励起とは、外部エネルギーを与えることにより原子、分子などをより高いエネルギー状態に移すこと。

可視光線の衝突により紫外線を放出。
その紫外線が発光管内面の蛍光体塗料に当たり、可視光線としてエネルギーを放出。
高エネルギーで不安定な状態の水銀原子は、再び電子を取り込んで安定状態になろうとします。
そして電子が安定状態に戻るときに、光のエネルギーとして紫外線を放出します。
これは水銀の特性です。
このような現象をエレクトロルミネセンスといいます。
お問い合わせ